目の疲れには原因が在る|対策をしっかりしよう

女性のターニングポイント

考えるウーマン

閉経に伴う諸症状

現在、日本人の平均閉経年齢は50歳といわれています。よく聞く「更年期」とは、閉経時期を挟んだ前後5年の期間(例えば50歳で閉経するとしたら45歳〜55歳の10年間)を指します。この時期は個人差はあるものの心身ともに不調が起こりやすいのですが、日常生活にまで影響をきたし治療が必要となるケースを「更年期障害」と呼びます。更年期障害が起こる要因としては、閉経にともなう急激な女性ホルモン(エストロゲン)の減少が挙げられます。症状は人によって異なるものの、初期の特徴的な症状として「生理不順」があります。そして閉経前のエストロゲンがある状態だと、脳が卵巣にもっとエストロゲンを出すように指示をだすため自律神経に関する不調が起こりやすくなります。

自分に合う治療法を

更年期障害の治療法のひとつである「ホルモン補充治療」は、減少したエストロゲンを補充する治療で根本的な治療法として現在主流とされています。そのほか「肩こり」や「頭痛」などといった体の症状には対処療法として薬が処方されたり、「不安感」や「イライラ」といった精神的な症状には抗うつ薬や抗不安薬などによる治療が受けられます。またホルモン補充治療がうけられない場合や全体的な症状の改善策として、漢方薬やサプリメントなど服用する場合もあります。更年期障害には個人差が大きく本人にしかわからないのがつらいところ。またこの時期の女性は家事や育児に追われていて、ゆっくりと体を休めることが難しいこともあるでしょう。現在は有効な治療薬が多く開発されているので、これらを利用しながら無理せずに更年期障害と向き合いましょう。