目の疲れには原因が在る|対策をしっかりしよう

女性に必要な栄養素

悩む女性

栄養素の働き

更年期とは閉経の前後数年のことをいいます。卵巣の機能は40歳代から徐々に低下し始め、やがてその機能を終えていきます。これは女性の自然なライフスタイルの中の一つです。更年期には卵巣の機能低下に体が反応してホルモン分泌が過剰になります。そして、自律神経の乱れを起こし様々な体の不調が出てきます。この様な時期の症状緩和に対して、色々な種類のサプリがあります。女性ホルモンの様な作用をする大豆イソフラボンはほてりやのぼせ、肩こりや冷え性を和らげる効果があります。サポニンは副交感神経が優勢に働くため、特に自律神経失調症に効果的です。同様にローヤルゼリーも自律神経を整えてホルモンの調整を行います。プラセンタは疲れづらいように体に働きかけます。薬剤を使用せずに栄養食品であるサプリを使用し、更年期の不調を軽減させることが出来ます。

栄養素の摂り方

更年期の様々な不調時には、食物やサプリから必要な栄養素を摂り入れることが出来ます。女性に欠かせないもので生きていくために必要な、ビタミンとミネラルがあります。ビタミンB・C・E・βカロテンは体の基本となる栄養素で、お互いに効果を高め合い多くの野菜に含まれます。ミネラルは健康維持と体内酵素の活性化の作用があり、海藻やキノコ類に豊富です。大豆イソフラボンは女性ホルモンの低下症状に有効で、豆腐や納豆や豆乳などで取り入れることが可能です。その他にもEPAやDHA、グルコサミンなど多種の栄養素が必要となりますが、全てを食物から摂るのは難しい事です。食品から摂ることが可能な栄養素を積極的に摂取し、不足しているものをサプリで摂り入れると効率的です。