目の疲れには原因が在る|対策をしっかりしよう

体を冷やすことは万病の元

足

体を冷やす事による悪影響

冷え症で悩んでいる女性や高齢者は多いと思います。昔から体を冷やすことは万病の元と言われています。冷え症とは、体を冷やすことで血管が収縮し、老廃物が詰まりやすくなることで血行が悪くなったり、毛細血管に血がいきわたらりずらくなり起こる症状です。冷えを一番最初に感じるのは指先や手・足先などですが、これは心臓から一番末端にある手足への血流が悪くなり、温かさを感じづらくなるからです。冷え症による影響は、身体にいろいろな影響を与えます。血流の流れが悪くなることで、首や肩、腰などにも血行不良を起こし、コリや痛みを感じるようになります。こりや痛みがひどくなると、神経痛に移行し慢性化してしまう場合もあります。

見た目にも影響がある

血流がわるくなることで、低体温の症状にもなりやすくなります。人間の体温が下がることで、免疫力も低下してしまい、感染症などもかかりやすくなります。抵抗力も落ちてくるため、感染症にもかかりやすく、また怪我などの回復も遅れがちになる可能性があります。血流がわるくなることで、顔色も悪くなり、くすみやクマも目立つようになります。こういった症状が起こる冷え症は、食生活などの日常生活を見直すことで改善することが可能です。昔から、夏野菜は体を冷やし、冬野菜は体を温める作用があるとされています。そういった食品や体を温める食事を摂るようにしましょう。また適度な運動で体を動かすことや、しょうがが含まれているサプリメントなどを摂ることも効果があります。しかし、しょうがを原材料としたサプリは多く、どれが冷え症に効果的なのか分からないという方もいるでしょう。そのような方は、比較サイトの観覧をおすすめします。比較サイトでは、それぞれのサプリの特徴が列記されており、どの点が冷え症に効果的なのか一目瞭然で把握することができます。また、値段まで載せてあるため、どのくらいの費用がかかるかも分かります。サイトによっては、そのまま販売元のHPまで飛ぶことができるため、気に入ったものが見つかればその場で購入してもいいでしょう。